生活の中に浸透する酸化チタンの果たす役割【活用事例に注目】

身近な品物に活用されている

酸化チタンという言葉を聞いたことがある人は少ないかもしれません。酸化チタンとは日常生活の中で活用されており、化粧品や家や工場の塗料、そして食品添加物としても利用されています。様々な現場で活用される酸化チタンは無限の可能性を秘めた原料だといえます。

酸化チタンの利点と難点を比較

酸化チタンの利点

酸化チタンコーティングは紫外線を含む光に反応して、活性酸素を発生させます。この活性酸素は付着した汚れを分解したり、悪臭を分解したりする効果を発揮してくれます。また、大腸菌やブドウ球菌といった菌を除去する効果も有しているため、抗菌コートとしても役立つ優れものなのです。

酸化チタンの難点

活性酸素を発生させるためには、一定量の紫外線を含む光の照射が必要となってきます。そのため、安定して光が当たらない環境ではその能力を十二分に発揮できない可能性があります。

生活に密着している酸化チタン

資材

酸化チタンが活用されているごく身近なものに化粧品があります。多くの女性が日常的に使用している日焼け止めには、紫外線吸収剤として酸化チタンが利用されていることが多いです。また、歯磨き粉やお菓子の添加物としても使われているので、普通に生活をしているとお世話になっている原料といっても過言ではないでしょう。

工業用原料としても活躍

資材

酸化チタンは光触媒としての性能に優れているため、様々な工業用製品に使われています。例えば、トイレやタイルに酸化チタンでコーティングを行なうと、光触媒による反応で、抗菌効果や消臭効果を長期間にわたって発揮してくれます。また、高い親水化力を有しているので、有機物由来の汚れをはじく防汚コートとしての機能も発揮してくれます。この効果を利用して、汚れに強い塗料や外壁、テントのコーティングといった工業用製品の製造に一役買っているのです。

酸化チタンの購入方法

酸化チタンを手に入れる際には、工業原料を専門的に取り扱う業者に発注して取り寄せるのが一般的です。利用目的に応じて、適切な形で注文するように意識しましょう。不明な点があれば、担当者に連絡を入れて目的に応じた酸化チタン製品を紹介してもらうと安心です。また、利用事例を参考にして、購入製品を決定するのも良いでしょう。便利な酸化チタンですが、国内でストックがある製品とは限らず、場合によっては国外から取り寄せるという可能性もあります。そのため、注文は余裕をもって行ないましょう。

酸化チタンの光触媒塗料としての可能性

今、最も注目を集めているのは酸化チタンの光触媒塗料としての機能です。交通量が多い位置にたつ建物や日当たりが良い立地にたつ建物に酸化チタン塗料を塗布すると、防汚性を発揮するだけではなく、抗菌効果によるカビやコケの発生を防ぐことができます。また、空気中の汚染物質を浄化する作用まで発揮してくれます。ある程度の費用はかかりますが、一般的な外壁塗料の場合7年から10年で塗り替えが必要なのに対して、20年程度は維持可能だと言われています。建物の耐久性をアップさせたいなら、素晴らしい選択肢だといえるでしょう。

広告募集中